春日記

トルコ 手仕事をめぐる旅 vol.01 |ミフリ魔窟へ

2019年5月下旬から6月上旬にかけて、トルコへ行ってきました。

今や、インターネットがどこでも使えるので、PCとiPadがあれば大丈夫!
撮影などもない時期だったので、トルコの手仕事の現在を早く見ておきたくて!

私が見せてもらった手仕事をめぐる状況や、こんな素敵なものがあるよ、
というのをしばらくつづってまいります。

いつもお世話になっている、ミフリの野中幾美さんを訪ねました。

その野中幾美さんの日本でのイベントが豪華3本だてで、この夏開催です!

::::::::::

九州・鹿児島のGood day加治屋店 2Fで「ちいさなトルコバザール」が7/13-17
世田谷の生活工房ギャラリー3Fで「トルコ・トカットの木版バスク展」が7/20-9/1
浅草のかまわぬ2Fで「トルコの手仕事展」7/26-8/19
詳細は、リンクをご覧くださいませ。
興味深いお話も聞ける大チャンスですよ!

::::::::::

5月26日(日)の夜に成田を出発。
12時間のフライトを経てイスタンブールの空港へ。
新しくできたばかりで、ピカピカ。
入国審査を終え、エスカレーターを上がると、スタバです。
たぶん、このあたりが空港で待ち合わせをするにはいいのではないでしょうか?

5月27日(月)早朝、国内線に乗り換えてアンタルヤ。
朝7時に着いて空港からタクシーで、市内のホテル(ラマダプラザアンタルヤ)へ。
ご参考までに、タクシーは65TLでした。
国内線の到着時間が朝早いので、アーリーチェックインを頼んでおくといいです。

はあ、これが地中海というものか!青いな!

プライベートビーチやプールもある大きなリゾートホテルで、とても快適です。

シャワーも浴び、さっぱりしたところで、野中社長がお迎えに来てくださいました。

そして、ついにミフリショップへ!
一緒にいらっしゃるのは義弟さんです。ミフリ社員さん。(私もミフリ社員になりたい)

中に入ると、絨毯、キリムがわんさか!魔窟です!
(この他にもイーネオヤがたくさんあるんですよ)

すごい、すごいけど、もう、どうしたらいいの????

予告しちゃうとですね、10/10〜13、17〜19に、
トルコの絨毯、キリム展を開催予定。
今回はその企画展のためのセレクトをするためにうかがったのですが、
こ、こんなにあると、どこから????

ざっと見せてもらい、アンタルヤには5日滞在するので、その間に
写真を撮り、候補をネットにアップして、これが見たいというご要望があったものを
中心に日本に送ろう、ということに。
なんせ重量もあるので送料がかかり、関税というものもかかるのです〜。
なるべく経費を抑えたほうが、商品価格も安くできるので。
この写真は、今後、アップしていきますので、みなさまのお声をぜひお聞かせくださいませ!

そんなこんなで、この日だけでも、かなりな絨毯、キリムを見せてもらい、
おなかいっぱい。

で、汗もかいたし、ビールを飲みに行きましょう、と。わ〜い、待ってました!
イスラム圏ですが、アンタルヤは観光地なので、わりかし、ビールも飲めるそう(ホッ)

野中社長がアンタルヤの旧市街(カレイチ)を案内してくださいました。
港が近く、美しくて、かわいい街並みです。


空の青さと、ブーゲンビリアのピンクよ!
この旅で大活躍したプティット・アフリケーヌさんのアフリカンプリントのパンツとバッグとの相性もよし😁

こんなところで暮らして、お仕事しているなんて、うらやましい。
地中海をのぞむレストランで、メニューを選ぶ、女社長!
かっきい!風格がありますね。


キョフテをいただきました。
お、おいしい♡


この旅で、どれだけ飲んだかわからないほど、飲んだエフェスビール。
ピルスナーで、ぴりりとしたモルトとホップの香りが楽しめて、もう大好き!

明日は、「アイシェの村に行きましょう」と野中社長。
ずっと会いたかった、絨毯を織っているアイシェのところへ行けると聞き、
うれしい〜〜〜〜〜!
そんなわけで、アンタルヤの初日を満喫しました。

では、vol.02に続きます。

アフリカンプリントをまとう夏 6/19(水)〜22(土) 開催


太陽の季節、到来!
夏です、夏!(5月なのに)
Baharの次の展示は、おなじみプティット・アフリケーヌさんによる「アフリカンプリントをまとう夏」です。

先日もちらっとお知らせしましたが、
今回はなんといっても新作のパンツがすんごくいいです。
大胆な柄をかっこよく粋に着こなしましょう。

昭和初期の時代の着物が好きなのですが、
夏の着物は、柄が大胆でとてもかっこいいです。

夏はこうでなくっちゃ!

しかも、このパンツ、軽くて涼しく、そしてスッキリしてます。このスッキリが大事です!(スリムに見せたいですもんね)

布に適度なハリがあるので、ヒップラインをいいかんじにカバー。さらに、ゆったりしています。

とてもパターンがよくて、ウエストすっきりしつつ、
裾のフレアもきれいです。。
もちろんスリムさんもウエストにヒモが入っているので
調整できます。

ぜひ、お試しください。
実際に履いてみるとそのよさを実感できますよ。

たたむととてもコンパクト。
シワにもなりにくいので、夏旅にも持ってこい、おまかせあれ!
私もこの夏、ヘビロテの予感。

もちろん人気のスカートやバッグ、晴雨兼用傘もご用意しています。

パンツは、今、鋭意製作していただいているのですが、
数量に限りがあるので、選びたい方はお早めのご来店をおすすめします。

今回は4日間という短い期間ですので、どうぞスケジュールに入れておいてくださいませ。
(物量が心配で、この弱気の期間。。。すみません)

“アフリカンプリントをまとう夏”

2019 /6.19(wed) 〜 22(sat)
open /13:00 〜 18:00

Bahar(バハール)
〒135-0023
東京都江東区平野1-9-7 fukadaso203
tel.03-3630-3670 http://bahar.bz
大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」A3出口より徒歩5分。
地図はコチラに。
グーグルマップに「Bahar」と入力いただくと出てきます。

YOSHIKO かごバッグづくり ワークショップ

かごアーティストのYOSHIKOさんによる、
籐を編んで、かごバッグをつくるワークショップを開催します。
5月17日(金)18日(土)24日(金)25日(土)に行います。
ご希望の日にお申し込みください。

作るのは、大人っぽい配色の蓋つきのかごバッグです。
茶色に染めた籐を使います。
こげ茶の革のハンドルがシックで素敵です。

サイズは写真のもので直径14cm、高さ14cmです。
これよりもっと大きく編んでいただくこともできます。

バッグ底面の編み始めは、あらかじめYOSHIKOさんが
編んだものをお渡しします。
ですので、ぐんぐん編んでいただけます。
蓋は、参加者のみなさまに最初から編んでいただきます。
革のハンドルはYOSHIKOさんが付けてくれます。

そして、編み終わったら、SWEETCHさんの
特別なスイーツをお召し上がりいただけます。
この日のために、とびきりのお菓子をご用意いただいています。

愉快に編んで、美味しく召し上がって、
楽しい時間をお過ごしいただけますように。
ご参加お待ちしています。

「かごバッグづくり ワークショップ」
日時:5月17日(金)18日(土)24日(金)25日(土)
10:00〜13:00(所要時間3時間)
講師:齊藤美子氏(YOSHIKO)
参加費:税込10,500円(講習費、材料費、SWEETCHさんのスイーツとお茶つき)
定員:6名さま
持ち物:エプロン
*染めた籐を使用するため、お洋服に色がつかないように
エプロンをご持参くださいませ。

お申し込みはショッピングサイトからお願いします。ご希望日のカートに入れてお申し込みください。
こちらは商品ではなく、ワークショップの「参加」の お申し込みとなります。

ご参加、心よりお待ち申し上げます。

YOSHIKO exhibition “sweets basket” 開催 5/16〜25


かごアーティストYOSHIKOさんの作品展を開催します。
生クリームにベリーを散らしたような、お菓子みたいな籐のアクセサリー、
ベリー摘みをイメージしたかごバッグをご用意しました。

YOSHIKOさんと親交の深い、SWEETCHさんが作品をイメージして
作ってくださった、特別なお菓子も並びます。
期間中、かごバッグづくりのワークショップも行います(要予約)。
お申し込みはwebサイトをご覧ください。

甘くて繊細な新しい籐の世界、ぜひご堪能くださいませ。

YOSHIKO exhibition “sweets basket”
2019 /5.16(thu) 〜 18(sat)
23(thu) 〜 25(sat)
open /13:00 〜 18:00

Bahar(バハール)
〒135-0023
東京都江東区平野1-9-7 fukadaso203
tel.03-3630-3670 http://bahar.bz
大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」A3出口より徒歩5分
地図はコチラに。
グーグルマップに「Bahar」と入力いただくと出てきます。

春のヤノフ村の織物展 開催 4.17 (水)-4.21(日)

毎年、楽しみにしてくださっている方の多い、
ヤノフ村の織物がまたまたやってきますよ!

おなじみ、SLOW ARTの藤田泉さんが、
ヤノフ村の人たちと作り上げた、とびきりの手織りの作品が届きます。

「春のヤノフ村の織物展」
4月17日(水)〜21日(日)13:00〜18:00
期間中休みなし

会場 Bahar(バハール)
東京都江東区平野1-9-7 fukadaso 203
tel.03-3630-3670
清澄白河駅A3出口より徒歩5分
グーグルマップで「Bahar」と入力いただけると出てきます。

今回の目玉はなんといってもグラニーバッグ!
おばあちゃんが持つような、レトロなデザインのバッグ、ヤノフ村の織物で作ったら絶対かわいい。

2016年の夏にヤノフ村で出会った、かわいいおばあちゃんたち。
このおばあちゃんたちが持っていそうなバッグをイメージしました。

でも!素敵なハンドルがない〜〜〜〜と、
SLOW ARTの泉さんがヤノフ村で言ってたら、
織り手のベルナルダさんちの息子トメックさんが
すぐに作ってくれました!

しかもいい木で、1つ1つ手で切り出して、丁寧にヤスリをかけてくれて。

「ないのなら作ってしまおうホトトギス! 」
ヤノフ村のこのメンタリティ!あったかい!!!
お母さんのベルナルダさんの織ってくれた、可愛い織物とすごく合う!

さて、そのハンドルと織物を、ポーランドのポズナンに住むアグニエシュカさんが丁寧に縫って、バッグに仕立ててくれました。

まさにポーランドをあげてつくったバッグです。(壮大)

ダヌータさんが織った布で作ったバッグもありますよ!

グラニーバッグは数量限定20点です。
気になる方はどうぞお早めに!
¥12,800+tax

もちろん、このグラニーバッグ以外にも、ポーチ、タペストリー、クッションカバー、コースターなどがあります。

こちらはクッションに仕立てられる前の織物。
こんなふうに織られてるのですね。

ルチナさんの「遊びたい」シリーズもユーモラスでかわいいです。

会期中、藤田泉さん、毎日在廊されます。
ぜひぜひ、いらしてくださいませ。

お待ちしています!

ページトップへ戻る