プロフィール

こんにちは、Bahar(バハール)です。
ものが生まれる背景には物語がある。
その背景ごと伝えたい。そんな想いからスタートしたブランドです。

「つくって味わうかわいい手仕事」をテーマに、手仕事を紹介する本を作ったり
お教室を開催したり、手芸材料や道具の販売をしています。

Baharはペルシャ語で「春」という意味です。
春のひだまりで、笑顔がこぼれ、幸せに包まれる。
そんな宝物のような時間をともに過ごせたら、と思っています。

Bahar  ーバハールー プロフィール
春日一枝(かすがかずえ)

福井県武生市(現越前市)生まれ。
編集プロダクションを経て、フリーランスの編集者になる。
雑誌、手芸の書籍などの編集を行う。
2010年春、「Bahar」として台東デザイナーズビレッジで活動スタート。
2013年春、台東デザイナーズビレッジを卒業し、清澄白河のfukadasoにアトリエを移す。

「Bahar」とはペルシャ語で「春」という意味。
ベリーダンスの師匠Yildiz(イルディス)氏に名付けてもらった
ダンサーネームで、私の宝物です。

ページトップへ戻る