春日記

かつてない規模で「オアハカの刺繍ブラウスとかわいい小物たち」開催!

書籍『世界手芸紀行』(日本ヴォーグ社)のカバーを彩っている、メキシコ・オアハカ州のサン・アントニーノ村の刺繍ブラウス。

Fino(フィーノ)と呼ばれ、その花や鳥で埋め尽くされた刺繍は見る人の心をとらえ、ファンも多いです。
私もその一人。
初めて見たときに衝撃を受け、心奪われました。

2年前の5月にも、Baharで、この刺繍ブラウスを展示したのですが、
ファンの多いことにびっくり。
特に刺繍名人、マリアさんのファンが多く、たくさんの方が身にまとい、
それぞれに似合う、とびきりのブラウスをお求めいただきました。

今回は、途中で品切れになることがないよう、
ふんだんに用意しようと1年近く前からさる屋の櫻井陽子さんに相談。
とはいえ、マリアさんの作れるブラウスには限りがあり…。
精一杯、がんばっていただきました。

サンアントニーノ村の刺繍はいろんなメディアに取り上げられ、
世界的にとても人気があります。
その中でも美しい刺繍をすると評判のマリアさんは日本でも大人気!
ゆえに常に品薄状態
ですが、信頼しているさる屋さんへの、納品を最優先してくださったそうです。
それが今回です!

ここまでそろったのは、さる屋さんも初めてのことだそう。
かつてない規模です。
圧巻の品揃えをご覧いただきたいので、会期、なるべく早くに
ご来店いただけると、私も嬉しいです。
こんなにすごいの、そろってるの、見てほしいのです〜〜〜〜〜!!!!

どんなラインナップか、ご紹介しますね。

生成りの生地に、パステルカラーの刺繍がふんだんに入ったワンピース。
あまりに可愛さにひゃ〜〜〜♡となりました。
今回、ワンピースもあるのです。
こちらは¥36,000+taxです。
ここまで凝った刺繍が入ったワンピースがこの価格で????とびっくり。

こちらはグレーの生地に白と黄緑の刺繍が入ったブラウス。
落ち着いたトーンですが、華やかさも大人っぽさもあります。
とても細かい刺繍です。
襟口、袖口、脇などのかぎ針編みも、もちろん手編みです。
それだけでもすごい!
¥35,000+tax


黒地にパステルカラーの刺繍のブラウスもあります。
¥36,000+tax


ベージュ地に茶系の刺繍のブラウス。
¥35,000+tax


モノトーンも素敵です。
¥35,000〜36,000+tax


グレーや黒地にマルチカラーの刺繍があざやか!
左のグレー地は、裾にもたっぷり刺繍が!
左から¥52,000+tax、¥35,000+tax、¥34,000+tax

婚礼衣装か、と思うくらいの白の美しさ!
白地に白の刺繍、そしてデスイラード(ドロンワーク)が施されている
豪華なブラウスです。
¥42,000+tax

さらりと着ることができるカジュアルなタイプもあります。
夏に大活躍しそう!
各¥9,500+tax

ここまでは、サン・アントニーノ村の刺繍でしたが、
実はほかにもあります!

こちらは結婚式の二次会の
花嫁さまの衣装にしてもよさそうなワンピース。
サンマルティンのもの。
刺繍とデスイラードが華麗です。
¥46,000+tax

エフートラのクロスステッチも可愛いのです。

一枚で着るのはもちろん、カットソーやセーターに重ね着しても素敵です。
各¥9,500+tax



ワンピースもあります。
各¥15,000+tax
どことなく、ウクライナぽくも見えるのがおもしろいです。
遠く離れているのに。

作っているのはサンビセンテ村。
真面目なお母さんたちが刺繍しています。
家に未だに固定電話なく、さる屋さんも、お母さんたちからの
連絡待ちでやり取りしている状況だそう。
クロスステッチ、正確さが必要です。
私は実は苦手だったりします。間違えるから!(涙)
だから、もう、ほんと、大尊敬します!

トゥクステペックのブラウスの大胆さよ!

遠くから見ると、プリントみたいに見えるのですが、
これ、一面の刺繍なんです!
アウトラインステッチを重ねまくってる。
¥13,000 ~15,000+tax


2週間に一度、片道10時間くらいバスを乗り継いでオアハカ市内に
商品の受注発注に来てくれそうです。
こんな華やかな衣装を身に着けて刺繍しているんですよ。
でも、村は素朴なのだそう。行ってみたいです。
こんなお母さんたちに会いたい!

そして、メキシコらしい華やかさのあるのが
サンバルトロメーキアラナの刺繍ブラウス。

アクリル糸で大振りの刺繍が施されてます。
モチーフも蝶々や小鳥と花とカラフルです。
各¥14,000+tax


生産者の女性が着ているエプロンもかわいい!
これも、展示販売しますよ。

今回、紹介したのは、ほんの一部です。
ほかにも、かわいいポーチやアクセサリー、バッグ、
アレブリヘスなどがあります。

またご紹介していきますね。

「オアハカの刺繍ブラウスとかわいい小物たち」
5月25日(木)〜27日(土)、
6月1日(木)〜3日(土)、8日(木)〜10日(土)
13:00〜19:00

さる屋の櫻井陽子さんは6月1日(木)、2日(金)、10日(土)に在廊予定です。
*6/10は17:00まで

場所:Bahar
江東区平野1-9-7 fukadaso 2F
tel:03-3630-3670

地図はこちらにございます。
http://fukadaso.com/access.html

大江戸線・半蔵門線の清澄白河駅のA3出口より
徒歩5分ほどです。
赤い旗が目印のトタンの建物、fukadasoの2Fです。

チェコの糸ボタンこんなにあります!

全部で98種類の糸ボタン。
全て1個ずつからお求めいただけます。
¥55~150+tax

dav

でもたくさんありすぎて、どう選んでいいか
わからなくなっちゃう、という方には、
セットもあります。
台紙も可愛いので、ちょっとしたプレゼントにも。
¥480~520+tax

dav

糸ボタンのほかに、ガラスビーズやガラスボタンも
いろいろあります。
組み合わせてプレゼントにしてもいいですね。
こんなふうにギフトラッピングもいたします。

dav

いよいよ明日11日の13時から開幕です。

『チャルカ チェコの糸ボタン博覧会』

5月11日(木)〜13日(金)、
18日(木)〜20日(土)

open 13:00〜19:00

場所:Bahar(バハール)
江東区平野1-9-7 fukadaso 2F
地図はこちらにございます。
大江戸線・半蔵門線の清澄白河駅のA3出口より徒歩5分ほどです。
http://fukadaso.com/access.html

お待ちしています!

チャルカ チェコの糸ボタン博覧会 開催

チェコの東部、イーグル山の麓の小さな町で作られている伝統的な糸ボタン。
このボタンに魅了されたチャルカの久保よしみさん。

以前から古いブラウスやパジャマについている糸ボタンが
気になってしかたがなかったそう。
ついには、糸ボタンの工場に見学に行くほど。
このあたりの話は5月2日発売の「毛糸だま」の世界手芸紀行に
詳しく載っているので、ぜひ、ご覧ください。

一時は需要が減ってしまった糸ボタンですが、
ボタン以外に使い方はないか、いろんな糸で作ってみたらどうか、
大きさのバリエーションを増やしたらどうか、などなど
糸ボタン工場ではいろんな挑戦をしています。

そんな思いに応えるべく、そして、この100年愛されてきた糸ボタンを
広く知ってもらうべく、チャルカさんはこの糸ボタンを日本に紹介し続けています。
年ごとにどんどん種類も増え、そのバリエーションには目を見はります。

ぜひ、ご覧になりにいらしてください。

さらに、チェコの糸やガラスボタン、ビーズ、
刺しゅうや織物など東欧の布ものなども豊富にそろいます。

手づくり心に火がついちゃう!

『チャルカ チェコの糸ボタン博覧会』
5月11日(木)〜13日(金)、18日(木)〜20日(土)
13:00〜19:00

期間中には、「チェコの糸でつくる糸ボタンのワークショップ」
開催します。
ただいま、ご予約受付中です。
自分でつくつ糸ボタン、格別ですよ。
お待ちしています。

チェコの糸でつくる糸ボタンWS開催 

オアハカの刺繍ブローチWS開催 

書籍『世界手芸紀行』のカバー写真にも登場している、オアハカの刺繍。
美しく、あざやかですよね。
サン・アントニーノ村の刺繍です。

2015年初夏に開催して大人気だったさる屋さんのオアハカの刺繍ブラウスが
またまたBaharにやってきます。
その名も『オアハカの刺繍ブラウスとかわいい小物たち』!
5月25日(木)〜27日(土)、
6月1日(木)〜3日(土)、8日(木)〜10日(土)の9日間。
13:00〜19:00です。

サン・アントニーノ村の刺繍ブラウスはもちろん、
オアハカのいろんな地域の刺繍ブラウスがせいぞろい!

その中の一部をご紹介。うっわ〜〜〜、もう、このかわいさ、たまらないです!
そうなんです、オアハカには、サン・アントニーノ村のほかにも、
村によって、いろんな素敵な刺繍があるのです。
今回の展示は、そんなオアハカの刺繍の魅力を知ってほしくて開催します。


こちらはサンマルティンのものです。
ダンスしている女の子の躍動感たるや!現地ではdanzante 踊り子と呼ばれているそうです。


こちらはピノテパのもので、海の生き物とか周りに生息している生き物とかが
刺繍されていて、なんて独特なのでしょう!

ほかにもたくさんあります。
またこれから順に紹介していきますね。

前置きが長くなりましたが、オアハカ刺繍のワークショップを
会期中に開催します。

サン・アントニーノの熟練の刺繍職人さんが
手描きした下絵に、刺繍をして、ブローチに仕立てます。
糸も現地の刺繍糸を使います。
合計2個作れます。
WSの時間内に1個、おうちで1個作っていただきます。
今回、おうちで作っていただけるように、
かわいい刺繍枠もプレゼントします。

近年、サン・アントニーノ村では、刺繍図案を守る規制が強くなり、
また、図案流失を防ぐため、今回のようなワークショップを
今後開催することが難しくなりました。
ですので、こちら、Baharでできる最後のチャンスかも???
この貴重な機会をぜひお見逃しなく!

[オアハカの刺繍ブローチWS]

5月26日(金)、27日(土)、6月2日(金)、3日(土)
10:00〜12:00(2時間)

参加費:各回 税込3800円(材料費・講習費・お茶とお菓子つき)
定員 各回 6名さま

<お申し込み方法>
Baharまでメールでお申し込みください。e-mail : info@bahar.bz
店頭でも受付いたします。

件名を「刺繍ブローチWS」として、
「お名前」「ご希望の日」「当日連絡がとれる電話番号」
「参加人数」、をご記入の上、メールをお送りください。

*ただいま、全ての回で満席となっています。
キャンセル待ちでのご案内となります。申し訳ございません。

 

折り返し、受付メールを送ります。
受付メールは48時間以内に送らせていただいています。
携帯メールのアドレスからですと、届かない場合がございます。
PCからのメールを受け取れるアドレスをお知らせください。
2日たっても受付メールが届かないようでしたら、
恐れ入りますが、再度ご連絡をお願い申し上げます。

原則として先着順のため、ご希望にそえない場合もございます。
また、会場のスペースに余裕がないため、ご同伴の方、お子さまに
お待ちいただくスペースがございません。
どうぞご了承くださいませ。

それではお待ちしています☆
楽しく素敵につくりましょう!

チェコの糸でつくる糸ボタンWS開催 

手づくり大好きさん、チャルカさんの糸ボタンがたくさん
Baharにやってきますよ〜〜〜

「チャルカ チェコの糸ボタン博覧会」
5月11日(木)〜13日(土)、18日(木)〜20日(土)の6日間。
13:00〜19:00オープンです。

かなりの種類の糸ボタン、それに加えてチェコのガラスボタンや
糸などの手芸材料がそろいます。

この糸ボタンについて、5月2日発売の毛糸だまの「世界手芸紀行」にて、
チャルカ店主の久保よしみさんに執筆いただきました。
糸ボタンの歴史や、どうやって作られているか、
読み応えたっぷりの記事になっています。
ぜひ、ご覧ください。

今回は会期中に「糸ボタンをつくる」ワークショップを開催します。
アルミニウムのリングに糸を巻き付けてつくります。
自分でつくった糸ボタンは格別です。

ボタンのサイズは直径約23ミリです。
リングは8個お渡しします。
WSの時間では、2〜3個作れると思います。
使用する針(先が丸いクロスステッチの針)、お持ち帰りいただけます。


使う糸はこちら。
ちょっとくすんだレトロな質感がたまらないチェコ製の糸です。
チェコ語で書かれたラベルも素敵です。
この中から、3巻き、そのままお持ち帰りいただけます。
写真以外にもいろんな色があります。
お好きな色をお選びくださいね。

もちろん、糸やリングは販売もしていますので、
もっと欲しい方はどうぞ。

お茶やお菓子もご用意していますので、
リラックスしながら一緒に楽しくつくりましょう。

ご参加お待ちしています。

[チェコの糸でつくる糸ボタンWS]

5月12日(金)、13日(土)、19日(金)、20日(土)
10:00〜12:00(2時間)

参加費:各回 税込3500円(材料費・講習費・お茶とお菓子つき)
定員 各回 6名さま

<お申し込み方法>
Baharまでメールでお申し込みください。e-mail : info@bahar.bz
店頭でも受付いたします。

件名を「糸ボタンWS」として、
「お名前」「ご希望の日」「当日連絡がとれる電話番号」
「参加人数」、をご記入の上、メールをお送りください。

*ただいま、すべての回で満席となっています。
 キャンセル待ちでのご案内となります。

折り返し、受付メールを送ります。
受付メールは48時間以内に送らせていただいています。
携帯メールのアドレスからですと、届かない場合がございます。
PCからのメールを受け取れるアドレスをお知らせください。
2日たっても受付メールが届かないようでしたら、
恐れ入りますが、再度ご連絡をお願い申し上げます。

原則として先着順のため、ご希望にそえない場合もございます。
また、会場のスペースに余裕がないため、ご同伴の方、お子さまに
お待ちいただくスペースがございません。
どうぞご了承くださいませ。

それではお待ちしています☆
楽しく素敵につくりましょう!

ページトップへ戻る