春日記

ルータ・インドラシゥテ 作品展 10/4スタート

夏の間、長いお休みをいただいていましたが、
2か月半ぶりにオープンいたします。

この秋以降、すてきな企画がめじろおしです!

まずは、大好きなリトアニアの作陶家、
ルータ・インドラシゥテさんの作品展です。

見るというより、世界をのぞく、というかんじがします。

Rūtos Mindscape #03 /
ルータ・インドラシゥテ 作品展
at Bahar(清澄白河)

2018年10月4日(木)〜13日(土) *10/9,10 close
13:00-18:00

リトアニアの暮らしと手仕事を紹介するfragmentasが、
作陶家・RutaIndrasiute(ルータ・インドラシゥテ)さんの
物語を感じさせる陶器の作品をご紹介します。

多くの森と湖に覆われた自然豊かな国リトアニア。
なかでも南西に位置するDzūkija(ズゥキヤ)には二つの国立自然公園があり、
車で走る道はどこまでも森のなかを続き、果てが感じられないほど。
伝統的な生活様式を残しながら暮らす人々も未だ多く、
「リトアニアらしさ」をとりわけ強く感じさせる地方です。

今回ご紹介する作品を制作しているルータさんは、
このDzūkijaの小さな町・Merkinėの森に暮らしています。
工房があるのは昔懐かしい佇まいの家の一角。
ご自身もかつては作陶家だったお母さんと、
ヴィプセとトレプセという名前の二匹の犬が共に暮らす家族です。
静かなのに賑やかなルータさんたちを訪ねる小旅行は、私にとって旅の一番の楽しみでもあります。

成型を担当するのは二人のお兄さん。
ルータさんは、作ってもらったその水差しやお皿に彼女が目にした世界を描き出します。
陶の生地を前に黙々と絵筆を動かすその姿は、まるで画家のよう。
リトアニアの昔ながらの暮らしや身近な森や動物たちを描くルータさんですが、
まるで物語を紡ぐように彼女の眼を通した世界が生まれます。

近くを流れる川と魚、夜のジャガイモ畑とイノシシ、芽吹きの春の森、
ベリーが生い茂る夏の森、そして庭にやってくるウサギにヘビ……
こうした一見牧歌的な絵の中を見つめるうちに気づく、
ほんの少しの闇のような気配。不思議な魅力が詰まった陶器の作品は、
どれも手にとってじっくり眺めてほしいものばかり。

「Mindscape / 心象風景」。

穏やかで物静かなルータさんがその目線を森にやったとき、この世界をどんなふうに見たのだろう?
そんな想像とともに、彼女の心に広がった風景を少し覗かせてもらうような、そんな作品をお楽しみください。

会場 Bahar(バハール)
〒135-0023 東京都江東区平野1-9-7
fukadaso 203  tel:03-3630-3670
大江戸線・半蔵門線 清澄白河駅A3出口より徒歩5分
Googleマップで「Bahar」と入力していただくと、出てきます。


「ゆったり流れる旅時間 ラオスへ」出版記念 ラオスの手仕事展スタート!

「ラオスにいったい何があるというんですか?」と村上春樹はベトナム人に聞かれたそう。
ふむふむ、私が聞かれたらなんて答えよう。って、まだ行ったことがないんですが。

でも、ラオスに興味を持つ人が増えるな、という本が間もなく発売です。
いつもお世話になっているHymaの中嶋友希さんが
「ゆったり流れる旅時間 ラオスへ」を7月中旬に
イカロス出版から出されます。
ラオスの魅力をたっぷり紹介。
もちろん、少数民族の手仕事の数々も!

発売を記念して、Baharで出版記念展を開催します。
中嶋友希さん、1週目、在廊されます。
もちろん、本も先行販売します。ラオスの手仕事とともに。
今回はモン族の手刺繍ものが大充実の予定です。

幅、2メートルを超える圧巻のタペストリー、ぜひご覧くださいませ。
ここまでのサイズ、なかなか作れないそうです。


こーんなに、小さなモン族の刺繍もあります。
可愛い!ブローチです。


ラオス カム族の葛でできたショルダーバッグ、各色あります。
赤が赤たまねぎ、茶は泥、青は藍で染めています。
全部、天然の染料。
夏の軽やかな装いにどうぞ。

「ゆったり流れる旅時間 ラオスへ」出版記念展
7月12日(木)〜14日(土)、19日(木)〜21日(土)
13:00〜18:00

Bahar(清澄白河)
〒135-0023 東京都江東区平野1-9-7
fukadaso 203  tel:03-3630-3670
大江戸線・半蔵門線 清澄白河駅A3出口より徒歩5分
Googleマップで「Bahar」と入力していただくと、出てきます。

夏の装い展 出店者ご紹介 ilo itooさん

晴れた!夏の装い展、2日目です。

メキシコ オアハカの刺繍ブラウスと、
ilo itooさんのグアテマラのコルテスカートは相性バツグン!
なんせ、お隣の国。
サンアントニーノの刺繍ブラウスとマルチ絣が可愛い!
私はトゥクステとインディゴ刺繍をあわせて着ています。
そして、KANNOTEXTILE さんの下駄とも相性よし!

ilo itooさんは学生時代にグアテマラの
民族衣装を紹介する本に出会い、グアテマラを訪れました。
そこに暮らす人たち、色彩あふれる世界に魅了され、
やがて、グアテマラの女性たちと仕事をする決心をします。
そうやって誕生したのがilo itooというブランドです。
デザインはilo itooさん、制作はすべて、現地女性が行っています。

コルテスカートはグアテマラに暮らす女性が身につける民族衣装。
こちらを現代のライフスタイルにあわせて生まれ変わらせています。
なので、とっても履きやすい。
しかも、ほっそり見える効果あり。
フレアのラインが美しく、きちんと感もあるのがうれしいところ。

アネモネ、コーヒーの花、ダリアの刺繍入りもあり。
そう、グアテマラといえばコーヒー、コーヒーといえば清澄白河!
まさにこの街にぴったりの刺繍。

コーヒー好きの方、いかがでしょ?

いろいろまとってみてくださいね!
お待ちしています!

夏の装い展
6月21日(木) 〜23日(土) 28日(木)〜30日(土)
7日 5日(木)〜 7日(土)
open /13:00 〜 18:00

Bahar(清澄白河)
〒135-0023 東京都江東区平野1-9-7
fukadaso 203  tel:03-3630-3670
大江戸線・半蔵門線 清澄白河駅A3出口より徒歩5分
Googleマップで「Bahar」と入力していただくと、
出てきます。

夏の装い展 出展者ご紹介 KANNOTEXTILEさん

昨日は、たっぷりさる屋さんのオアハカの刺繍ブラウス&ワンピースを
ご紹介しましたが、今日はKANNOTEXTILEさんをご紹介。

デザイナーの菅野 陽さんは、
カザフ文化の研究者であり、カザフ刺繍を日本に紹介している
廣田千恵子さんのご友人。
「すっごく素敵な民族衣装のコートを作っている人がいる
 ぜひとも展示したい!」と今年1月のカザフ刺繍展開催のときに
紹介していただきました。
まあ、びっくり!
重力を操れるのか、という服の流れ。そのセンスのよさに衝撃を受けました。

でもって、5月に青梅のアトリエを訪ねたのですが、
これまた衝撃の美意識!ここは日本なのか、どこなのか?

ここがアトリエの一部です。

そんな菅野さんが作るスカート、ブラウス、木履、バッグ、
夏の装い展に出していただけることになりました。やったー!

円状に広がるガーグラースカートに、すあしで履く木履はぴったり。
下駄なんですけど。浴衣にはもちろんですが、サンダルのように履いていただきたい。
台座も凝ってますが、大陸の布を使った鼻緒がエキゾチックです。

そして、このガーグラースカート、驚きの布の量とパターンなんです。

パーツ縫い合わせをしている写真。これで半分だそう。
「これのヘムは概算値640cmで短め。
ヘム値や丈は素材の生地巾によって、また厚さや風合いによって
一枚一枚適当に変えています」ですって。

はああああ!

なんてなんて手間のかかる!
だからこその美しさなのです。
しかも、ロックミシンじゃないですよ。袋縫いです。泣ける!

ほかにもブラウスなどがお目見えします。

菅野さん、天才!と思ってしまいます。
fbのページはコチラ。
https://www.facebook.com/kannotextile/
今年のはじめ、バルカンを旅して買い付けをしていた日記など
とてもおもしろいです。

商人から仕入れた絨毯、とかいうフレーズすら、もうときめく!

オアハカの刺繍服に、KANNOTEXTILEの服があるなんて
Baharったら桃源郷じゃないか、と思います。

私はサンアントニーの刺繍ブラウスFinoに
カーグラースカートをよくあわせています。
国は違っても馴染みます。ぜひ、いろいろあわせてみてくださいね。

心よりお待ちしています。

夏の装い展
6月21日(木) 〜23日(土)
  28日(木)〜30日(土)    
7日 5日(木)〜 7日(土)
open /13:00 〜 18:00
初日の6/21(木)は19:00まで

Bahar(清澄白河)
〒135-0023 東京都江東区平野1-9-7
fukadaso 203  tel:03-3630-3670
大江戸線・半蔵門線 清澄白河駅A3出口より徒歩5分
地図はコチラに。
Googleマップで「Bahar」と入力していただくと、出てきます。

夏の装い展 6月21日(木)〜7月7日(土)開催

今年もやります、夏の装い展。
シンプルな企画展名ですが、内容は実に濃いです!!!
もう、とびきりの洋服、履物がせいぞろい。
昔から洋服を買うのが好きで、いろいろ買ってたんですが、
なんというかですね、そのう、今は、
Baharで扱ってる服が一番いいんじゃないか、とついつい思ってしまいます…。
(わ、言っちゃった!)
だって、あきらかに手間がかかってるんですもん。
そして、どんなふうにして、どんな人が作っているかもわかる。

そんなわけで、今回、展示販売するものをご紹介します。
まずは、メキシコ オアハカ州に暮らすこと、6月22日で丸12年、
オアハカのアルテサニア(民芸品)の第一人者のさる屋の櫻井陽子さんが
集めに集めてくださった珠玉の刺繍ブラウス&ワンピース!
今年で3年目ですが、毎回、大好評です。
今回はワンピース(チュニック)もたくさんご用意しました。

まずは超人気のサン・アントニーノ村のマリアさんの工房で
作られている刺繍ブラウス&ワンピース!


たっぷり刺繍のほどこされた見事なFino(38,000円+税〜)から、
かわいいパステル刺繍のワンピース(23,000円+税)、
シンプルなタイプのブラウス(13,000円+税)まで幅広くそろえています。

これだけの細かい刺繍、しかも現代ものの「新品」がこの価格で手に入るなんて!
私も少々刺繍をする身ですが、本当にあり得ないです。
むちゃくちゃ時間がかかります。
マリアさん、今年もありがとうございます!!!

そして、エフートラのクロスステッチ刺繍。
今回はワンピース(チュニック)です。
中米でありながら、東欧のような、でも中央アジアのような、不思議な
雰囲気を醸し出します。

びっしりのクロスステッチです。
五分袖なので、腕をあんまり出したくないな、という方にもおすすめです。
ワイドパンツなんかとあわせても素敵です。
18,000円+税です。

そして、私も愛用しまくってトゥクステペック地方の刺繍ワンピース。

プリントみたいに見えるのですが、びっしり刺繍なのです〜〜〜〜
大胆な柄ですが、大人っぽいです。
25,000円+税です。

こんなかわいいアクセサリーも初お目見え。
アレブリヘス(木彫りの動物に彩色したもの)のピアス。

なんてかわいいの!
1,000円+税です。気になる方はお早めに。

これだけ、手がこんでいる衣服を身にまとうと、本当に幸せな気持ちになります。

明日はKANNOTEXTILEさん、
ilo itooさんの商品をご紹介します!
奇才、天才のカンノさんの服は驚きです。
ilo itooさんのグアテマラのコルテスカートはスタイルをよく見せてくれる
魔法のスカートです!

夏の装い展
6月21日(木) 〜23日(土)
  28日(木)〜30日(土)    
7日 5日(木)〜 7日(土)
open /13:00 〜 18:00
初日の6/21(木)は19:00まで

Bahar(清澄白河)
〒135-0023 東京都江東区平野1-9-7
fukadaso 203  tel:03-3630-3670
大江戸線・半蔵門線 清澄白河駅A3出口より徒歩5分
地図はコチラに。
Googleマップで「Bahar」と入力していただくと、出てきます。

ページトップへ戻る