春日記

布博 Week 1「糸とボタンに恋をする週末」に出展します

7月21日(金)〜23日(日)に町田パリオにて開催される
布博 1週目「糸とボタンに恋をする週末」にBahar、出展いたします。

布博のページでBaharを紹介いただいています。

新作の刺しゅうの飾り布セット、登場です!

2種類あります。
食器棚に飾ったり、窓辺に飾ったり、
スカートの裾に縫いつけてもかわいいです♡ 
この飾り布が大好きで、ハンガリーで何枚も買いました。

こんなふうに。写真は以前、ハンガリーの蚤の市で購入したもの。
ワンピースの下にはいたりしています。

そして、ずっと作りたいと思っていた、
刺しゅうブラウスのキットも作りました!

黒地に白の刺しゅう、白地に青系の刺しゅうの2パターンです。

ブラウスは自作しました。
綿麻の生地を水通ししてから仕立てています。
家庭用のミシンで縫っているので、素朴な仕上がりです。
ご容赦を!ロックミシンがないので、袋縫い。
そして、襟ぐりは全て手でまつり縫い。
このハンドメイド感!布博で実物を展示しているので、
ご覧くださいませ。
暑い夏にも爽やかに着れる素材です。

刺しゅうは朝から晩までやれば、
早い人なら一日でできるかと思います。

この夏のお出かけにぜひ!

Baharのブースでは、リアル「世界手芸紀行」も展開します。
nukuiroさんによるインドのサリーリボン、カンタ、
さる屋さんによるメキシコの刺しゅうブラウスや刺しゅう糸、図案入りクロス、
Hymaさんによるラオスの手刺しゅうポーチにバッグ、
プティット・アフリケーヌさんによるアフリカンプリントのバッグにハギレセット、
ilo itooさんによる
グアテマラの刺しゅうワッペン、
SLOW ARTさんによるポーランドのヤノフ村の織物が並びますよ〜〜〜。

もりだくさんの展開です!

ぜひ、お立ち寄りくださいませ♡

夏の装い展 6.23(金)より開催

今週のBaharはお休みです。

来週6月23日(金)より「夏の装い
展」が始まります。

「夏の装い展」
6月23日(金)24日(土)、
6月30日(金)7月1日(土)、
7月7日(金)2日(土)
13:00〜19:00
*金土のみの営業です

暑い夏をさわやかに過ごすための、服やバッグがそろいます。

ilo itooさんから素敵な「コルテスカート」も届きます。

コルテというのは、マヤの民族衣装で、
巻きスカート用の布です。
村々で異なる多彩な配色や絣模様が特徴です。
このコルテの古布を使って、作られています。

中厚手で古布ならではのやわらかさと優しい肌触りをもち、
見方によって表情が異なる魅力的な織物です。

デニムのような少し厚手の平織生地に、
カラフルな手刺繍の模様を施したもの、絣の平織生地など
気持ちが豊かになるものばかり。

Aラインの女性らしいシルエットでフリーサイズなので年代問わず長く使っていただけます。
マタニティやワークウェアとしてなど様々なシーンで一年を通して着ていただけるアイテムです。

How to
1. 縫い合わせを前中心に合わせて持ちます。
2. 左右のどちらか一方を後ろに回します。
3. 回した方の紐を前に持って来たら、逆サイドの布を後ろに回します。
4. 左右の紐を前で結び整えたら完成。
自分の体形に合わせられるのでとっても楽ちんです。

古布を使っているので、それぞれ違います。

ぜひ、お試しください。

ロング丈サイズ(74cm)で、¥12,000+taxです。



「オアハカの刺繍ブラウスとかわいい小物たち」最終週スタート

かつてない規模で刺繍ブラウスをご用意してスタートした
「オアハカの刺繍ブラウスとかわいい小物たち」、
初日の開店直後から、とても多くのお客様にいらしていただき、大好評です!

追加のブラウスも第2週の初日に、
さる屋の櫻井陽子さんに持ってきていただきました。
当日朝6時半に成田に着き、そのままBaharにいらしてくださいました。
ありがとうございます!!!

このブラウスもまた大好評!

こんなに手刺繍がほどこされた服って、なかなかないです。
着ると、本当に気持ちがあがります。

で、最終週だから、もうないでしょ?と思われるかもしれないのですが、
まだまだかわいい刺繍ブラウス、ございます!

今回の一番人気のサン・アントニーノ村の刺繍ブラウスfinoは2枚ございます。

茶色地にゴールドの刺繍。
シックに見えますが、着てみるととても華やかです。
¥ 36,000+tax

このブラウスが優秀なのは、脇のマチです。
腕を上げても中が見えない。これ、けっこう重要ですよね。
そして、このマチがあるおかげで、
ブラウスの裾をスカートやパンツに入れても、
着崩れしません。腕をあげても、裾が上がらないんです!!!
このパターンに感激しました。
私、ギャザースカートを履くことが多いので、
ブラウスの裾をインするのですが、
裾が出てくるのがいやなんです。
それが全くありません!!!!すばらしいです。

黒にマルチカラーの刺繍もございます。
サンアントニーノの刺繍名人、マリアさんが刺繍しているのですが、
夜、黒地に刺繍するのは困難なのだそう。
だからそんなに作れないそうです。そんな苦労も見せない美しいブラウスです。
かぎ針編みも、全部マリアさんが手がけています。
刺繍だけでなく、編み物も!!!
本当に、この編み物の作業だけでも時間がかかると思います。
¥38,000+tax

大人気のエフートラのクロスステッチの刺繍ブラウスは
あと4枚ございます。半袖が3枚、七分袖が1枚。
こちらのブラウスも脇のマチが優秀な働きをします!
生地はマンタと呼ばれる生成りの綿です。
中にカットーソーやセーターを着てもかわいいです。
半袖¥9,500+tax 七分袖¥12,000+tax

そして、こちらも人気のトゥクステペックの刺繍ブラウス。
大胆な柄がモダンでかっこいいです。
生地がしんなりしているので、体に沿ってくれてきれいです。

黒やピンク、ほかにもいろんな色があります。
各¥13,000+tax
私は白地に黒の総刺繍ワンピースを購入したのですが、愛用しています。

トゥクステペックはこんなシンプルなタイプもございます。
日本と同じく、蒸し暑い地域で作られているブラウスなので、
ひんやりとした生地が使われていて、着ていて涼しいです。
いろんな色があります。ぜひお試しください。
¥5,500+tax

このトゥクステペックに雰囲気が似ているのが、アジャウトラの刺繍ブラウス。
こちらは一面の刺繍の仕方が、ちょっと見たことがないです。
まるで織物のようです。
長く渡した糸は等間隔でとめられ、コーチングステッチ???
裏と表と反転しているのです。
なので、地が厚く、しっかりしています。
そして柄には黒のアウトラインステッチが。
刺繍好きな方、これ、とても珍しいと思います。
資料としてもおもしろいです。ぜひ、間近でご覧いただきたいです。
櫻井さんもおっしゃっていましたが、
メキシコ国内で入手するのも難しいそうです。
確かにこの刺繍を見ると、効率がいい刺繍とは決していえないし、
たくさん作れるものじゃないな、と思います。
¥38,000+tax

アクリル糸で大胆に刺繍されている、サンバルトロメーキアラナの刺繍は華やか!
着てみると、これがけっこうしっくりくるんです。
ぜひ、お試しください。
¥14,000+tax

それでは、最終週、6月8日(木)〜10日(土)の3日間、
13:00〜19:00でお待ちしています。
10日(土)はさる屋の櫻井陽子さん、在廊です。17:00まで

場所:Bahar
江東区平野1-9-7 fukadaso 2F
tel:03-3630-3670

地図はこちらにございます。
http://fukadaso.com/access.html

大江戸線・半蔵門線の清澄白河駅のA3出口より
徒歩5分ほどです。
赤い旗が目印のトタンの建物、fukadasoの2Fです。

かつてない規模で「オアハカの刺繍ブラウスとかわいい小物たち」開催!

書籍『世界手芸紀行』(日本ヴォーグ社)のカバーを彩っている、メキシコ・オアハカ州のサン・アントニーノ村の刺繍ブラウス。

Fino(フィーノ)と呼ばれ、その花や鳥で埋め尽くされた刺繍は見る人の心をとらえ、ファンも多いです。
私もその一人。
初めて見たときに衝撃を受け、心奪われました。

2年前の5月にも、Baharで、この刺繍ブラウスを展示したのですが、
ファンの多いことにびっくり。
特に刺繍名人、マリアさんのファンが多く、たくさんの方が身にまとい、
それぞれに似合う、とびきりのブラウスをお求めいただきました。

今回は、途中で品切れになることがないよう、
ふんだんに用意しようと1年近く前からさる屋の櫻井陽子さんに相談。
とはいえ、マリアさんの作れるブラウスには限りがあり…。
精一杯、がんばっていただきました。

サンアントニーノ村の刺繍はいろんなメディアに取り上げられ、
世界的にとても人気があります。
その中でも美しい刺繍をすると評判のマリアさんは日本でも大人気!
ゆえに常に品薄状態
ですが、信頼しているさる屋さんへの、納品を最優先してくださったそうです。
それが今回です!

ここまでそろったのは、さる屋さんも初めてのことだそう。
かつてない規模です。
圧巻の品揃えをご覧いただきたいので、会期、なるべく早くに
ご来店いただけると、私も嬉しいです。
こんなにすごいの、そろってるの、見てほしいのです〜〜〜〜〜!!!!

どんなラインナップか、ご紹介しますね。

生成りの生地に、パステルカラーの刺繍がふんだんに入ったワンピース。
あまりに可愛さにひゃ〜〜〜♡となりました。
今回、ワンピースもあるのです。
こちらは¥36,000+taxです。
ここまで凝った刺繍が入ったワンピースがこの価格で????とびっくり。

こちらはグレーの生地に白と黄緑の刺繍が入ったブラウス。
落ち着いたトーンですが、華やかさも大人っぽさもあります。
とても細かい刺繍です。
襟口、袖口、脇などのかぎ針編みも、もちろん手編みです。
それだけでもすごい!
¥35,000+tax


黒地にパステルカラーの刺繍のブラウスもあります。
¥36,000+tax


ベージュ地に茶系の刺繍のブラウス。
¥35,000+tax


モノトーンも素敵です。
¥35,000〜36,000+tax


グレーや黒地にマルチカラーの刺繍があざやか!
左のグレー地は、裾にもたっぷり刺繍が!
左から¥52,000+tax、¥35,000+tax、¥34,000+tax

婚礼衣装か、と思うくらいの白の美しさ!
白地に白の刺繍、そしてデスイラード(ドロンワーク)が施されている
豪華なブラウスです。
¥42,000+tax

さらりと着ることができるカジュアルなタイプもあります。
夏に大活躍しそう!
各¥9,500+tax

ここまでは、サン・アントニーノ村の刺繍でしたが、
実はほかにもあります!

こちらは結婚式の二次会の
花嫁さまの衣装にしてもよさそうなワンピース。
サンマルティンのもの。
刺繍とデスイラードが華麗です。
¥46,000+tax

エフートラのクロスステッチも可愛いのです。

一枚で着るのはもちろん、カットソーやセーターに重ね着しても素敵です。
各¥9,500+tax



ワンピースもあります。
各¥15,000+tax
どことなく、ウクライナぽくも見えるのがおもしろいです。
遠く離れているのに。

作っているのはサンビセンテ村。
真面目なお母さんたちが刺繍しています。
家に未だに固定電話なく、さる屋さんも、お母さんたちからの
連絡待ちでやり取りしている状況だそう。
クロスステッチ、正確さが必要です。
私は実は苦手だったりします。間違えるから!(涙)
だから、もう、ほんと、大尊敬します!

トゥクステペックのブラウスの大胆さよ!

遠くから見ると、プリントみたいに見えるのですが、
これ、一面の刺繍なんです!
アウトラインステッチを重ねまくってる。
¥13,000 ~15,000+tax


2週間に一度、片道10時間くらいバスを乗り継いでオアハカ市内に
商品の受注発注に来てくれそうです。
こんな華やかな衣装を身に着けて刺繍しているんですよ。
でも、村は素朴なのだそう。行ってみたいです。
こんなお母さんたちに会いたい!

そして、メキシコらしい華やかさのあるのが
サンバルトロメーキアラナの刺繍ブラウス。

アクリル糸で大振りの刺繍が施されてます。
モチーフも蝶々や小鳥と花とカラフルです。
各¥14,000+tax


生産者の女性が着ているエプロンもかわいい!
これも、展示販売しますよ。

今回、紹介したのは、ほんの一部です。
ほかにも、かわいいポーチやアクセサリー、バッグ、
アレブリヘスなどがあります。

またご紹介していきますね。

「オアハカの刺繍ブラウスとかわいい小物たち」
5月25日(木)〜27日(土)、
6月1日(木)〜3日(土)、8日(木)〜10日(土)
13:00〜19:00

さる屋の櫻井陽子さんは6月1日(木)、2日(金)、10日(土)に在廊予定です。
*6/10は17:00まで

場所:Bahar
江東区平野1-9-7 fukadaso 2F
tel:03-3630-3670

地図はこちらにございます。
http://fukadaso.com/access.html

大江戸線・半蔵門線の清澄白河駅のA3出口より
徒歩5分ほどです。
赤い旗が目印のトタンの建物、fukadasoの2Fです。

チェコの糸ボタンこんなにあります!

全部で98種類の糸ボタン。
全て1個ずつからお求めいただけます。
¥55~150+tax

dav

でもたくさんありすぎて、どう選んでいいか
わからなくなっちゃう、という方には、
セットもあります。
台紙も可愛いので、ちょっとしたプレゼントにも。
¥480~520+tax

dav

糸ボタンのほかに、ガラスビーズやガラスボタンも
いろいろあります。
組み合わせてプレゼントにしてもいいですね。
こんなふうにギフトラッピングもいたします。

dav

いよいよ明日11日の13時から開幕です。

『チャルカ チェコの糸ボタン博覧会』

5月11日(木)〜13日(金)、
18日(木)〜20日(土)

open 13:00〜19:00

場所:Bahar(バハール)
江東区平野1-9-7 fukadaso 2F
地図はこちらにございます。
大江戸線・半蔵門線の清澄白河駅のA3出口より徒歩5分ほどです。
http://fukadaso.com/access.html

お待ちしています!

ページトップへ戻る