春日記

チェコの糸でつくる糸ボタンWS開催 

手づくり大好きさん、チャルカさんの糸ボタンがたくさん
Baharにやってきますよ〜〜〜

「チャルカ チェコの糸ボタン博覧会」
5月11日(木)〜13日(土)、18日(木)〜20日(土)の6日間。
13:00〜19:00オープンです。

かなりの種類の糸ボタン、それに加えてチェコのガラスボタンや
糸などの手芸材料がそろいます。

この糸ボタンについて、5月2日発売の毛糸だまの「世界手芸紀行」にて、
チャルカ店主の久保よしみさんに執筆いただきました。
糸ボタンの歴史や、どうやって作られているか、
読み応えたっぷりの記事になっています。
ぜひ、ご覧ください。

今回は会期中に「糸ボタンをつくる」ワークショップを開催します。
アルミニウムのリングに糸を巻き付けてつくります。
自分でつくった糸ボタンは格別です。

ボタンのサイズは直径約23ミリです。
リングは8個お渡しします。
WSの時間では、2〜3個作れると思います。
使用する針(先が丸いクロスステッチの針)、お持ち帰りいただけます。


使う糸はこちら。
ちょっとくすんだレトロな質感がたまらないチェコ製の糸です。
チェコ語で書かれたラベルも素敵です。
この中から、3巻き、そのままお持ち帰りいただけます。
写真以外にもいろんな色があります。
お好きな色をお選びくださいね。

もちろん、糸やリングは販売もしていますので、
もっと欲しい方はどうぞ。

お茶やお菓子もご用意していますので、
リラックスしながら一緒に楽しくつくりましょう。

ご参加お待ちしています。

[チェコの糸でつくる糸ボタンWS]

5月12日(金)、13日(土)、19日(金)、20日(土)
10:00〜12:00(2時間)

参加費:各回 税込3500円(材料費・講習費・お茶とお菓子つき)
定員 各回 6名さま

<お申し込み方法>
Baharまでメールでお申し込みください。e-mail : info@bahar.bz
店頭でも受付いたします。

件名を「糸ボタンWS」として、
「お名前」「ご希望の日」「当日連絡がとれる電話番号」
「参加人数」、をご記入の上、メールをお送りください。

折り返し、受付メールを送ります。
受付メールは48時間以内に送らせていただいています。
携帯メールのアドレスからですと、届かない場合がございます。
PCからのメールを受け取れるアドレスをお知らせください。
2日たっても受付メールが届かないようでしたら、
恐れ入りますが、再度ご連絡をお願い申し上げます。

原則として先着順のため、ご希望にそえない場合もございます。
また、会場のスペースに余裕がないため、ご同伴の方、お子さまに
お待ちいただくスペースがございません。
どうぞご了承くださいませ。

それではお待ちしています☆
楽しく素敵につくりましょう!

LAVVO 展示会 “LAPPLAND”4.13スタート

明日から始まるLAVVO さんの展示
「LAPPLAND 」の作品が届きました。

この写真は検品終えたところです。
サーミの刺繍を取り入れた革小物がそろっています。

圧巻!

今回は受注制作となり、申し訳ございませんが、
その場でお持ち帰りいただくことができません。

また、受注数に限りがあるものもございます。
ご了承くださいませ。

また、会期終了後、すぐにお渡しできる作品もございます。
会場にてお尋ねくださいませ。

14(金)、15日(土)は17時半までワークショップを行っていますが、作品、ご覧いただけます。

明日13日(木)の13時からお待ちしています。

++++++++++++++++++++++++++

LAVVO EXHIBITION “LAPPLAND”

自然からインスピレーションをうけたものをかたちにする
LAVVO(ラーヴォ)の展示会を開催します。
今回はラップランドに住む少数民族「サーミ」の刺繍を
取り入れた革小物、王冠の針山などを並べてお待ちしています。

4月13日(木)〜15日(土)、
20日(木)〜22日(土)
open 13:00〜19:00

Bahar(バハール)
東京都江東区平野1-9-7  fukadaso203
03-3630-3670
大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」A3出口より徒歩5分
http://bahar.bz/

+++++++++++++++++++++++++++

LAVVOさん撮影による作品たち。
トナカイの革のやわらかさにうっとりします。
丁寧に作られていて、愛しいものばかり。
どうぞ、手にとってご覧くださいませ。

アフリカンプリントをまとう春 3/30(木)よりスタート!

春めいてきましたね!
うきうきします。
そんな気分にぴったりのイベントが
3月30日(木)から始まります!

昨年も大好評をいただいた、
プティット・アフリケーヌさんのイベントです♡

『アフリカンプリントをまとう春』

持つ瞬間にハッピーになれるアフリカンプリントの商品を
たくさんご用意してお待ちしております!

もしかすると、新作も登場かも???
わくわく♪

3月30日(木)、31日(金)、4月1日(土)
4月6日(木)、7日(金)、8日(土)
13時~19時

Bahar(バハール)
東京都江東区平野1-9-7  fukadaso203
03-3630-3670
大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」A3出口より徒歩5分

地図はこちらにございます。
大江戸線・半蔵門線の清澄白河駅のA3出口より徒歩5分ほどです。
http://fukadaso.com/access.html
fukadasoの2Fの203号室になります。
赤い旗が目印です。

世界手芸紀行 手仕事をつなげる日本人女性紹介 vol.4 渋谷聡子さん

1月30日発売の『世界手芸紀行』(日本ヴォーグ社)に登場する、
手仕事をつなげる日本人女性、
4回目はnukuiroの渋谷聡子さんです。

渋谷さんは札幌でpistache(ピスターシュ)というセレクトショップを経営しながら、
2015年よりnukuiroというストールブランドを誕生させました。

渋谷さんと初めて出会ったのは集祭(あつまつり)というイベント。
ライターの小谷実千世さんにお声がけいただき、
Baharも出店させてもらったのですが、そこで、渋谷さんと出会い、
なんてセンスがいいんだろう、と強く印象に残りました。
その後、私が世界手芸紀行の連載担当になり、
インドについて書いてもらいたい、と依頼しました。

すると、以前から、インドのカシミール地方で作られている
パシュミナ、それに施されている刺繍が気になっているので、
ひとまず、リサーチをしたい、と。
それがよければそのカシミールの手仕事を紹介したい。

そして渋谷さんはリサーチに行き、そこで
いい手応えがあったので、夏にまた行くことになりました。
このとき、私も旅のお誘いをいただいたのですが、
手芸の本の制作まっさかりで、同行できず残念〜〜。

そして、訪れた先にこれが、まあ、素晴らしい手仕事があったわけです!
楽園とはこのこと?

ここからの行動力がすごい!
あっという間に、nukuiroというブランドを立ち上げ、
インド、スリナガルの手仕事を紹介していくことに。
もちろん、世界手芸紀行の原稿も書いていただき、
11月には、nukuiroのデビュー展もBaharで開催していただきました。
見事な手触りと、その刺繍の緻密さで、大好評でした!

渋谷さんの語り口はおだやかで、言葉選びも的確で、
聞き入ってしまいます。
現地の職人さんたちとも家族のようです。
くわしくは、世界手芸紀行のインタンビューに載っていますので、
ぜひ写真とともにお楽しみくださいませ。

そのnukuiroさんのソズニ刺繍とパシュミナ展、
Baharにて1月31日(火)より開催いたします。
古のマハラジャたちに愛された、繊細優美な手仕事を
たっぷりとご紹介します。

会期中は渋谷聡子さんが在廊し、
自分だけのとっておきをカスタマイズする
オリジナルオーダーも承ります。
極上のパシュミナを体感しに、そして
渋谷さんのお話を聞きにぜひいらしてくださいませ。

1月31日(火)〜2月4日(土)の5日間です。
13:00〜18:00

お待ちしています!

ヤノフ村の織物 大紹介!

ただいま「ポーランド冬の贈り物展」開催中です!
12月24日(日)まで。
*日、月、火、水定休 13:00〜18:00
〒135-0023 東京都江東区平野1-9-7
fukadaso 203 地図はこちらに。

今シーズンも、ヤノフ村からとても素敵な織物が届いています!
順にご紹介していきますね。小ぶりなものからご紹介。

まずはテレサさん。
今年のヤノフ村の織物コンクールのテーマは「ブーケ」だったそうです。
最優秀賞は、テレサさんとベルナルダさん。
どちらの作品も色使いが素晴らしい多色の作品。
中央がテレサさんの最優秀賞作品です。
15380490_948074425292241_2362988886230855652_n

最近のSLOW ARTの藤田泉さんと織り手さんたちの流行りは「彩り」。
地域のキュレーターたちにも認められているそうです。

小さい作品は、今年のコンクールと同じ糸とテーマでテレサさんが織ってくれたもの。

Baharにて展示販売しています。
16800円+税


上が3400円+税、下が4600円+税

ベルナルダさんは、独特の色使いが素晴らしいです。
糸もオリジナルで染めています。


4800円+税

アリチアさん。
Baharのオリジナルタペストリーを以前織ってくださったのですが、
リスがさらにパワーアップ!

ちなみに、これがBaharに掲げているタペストリー。
非売品です。


こちら、アイテムが増えて、より愛らしく!
9800円+税


怪鳥?いや多分ニワトリ。
ぷぷぷ。
クッション6400円+税
タペストリー8400円+税

ルチナさん。

27×35cmの小さなタペストリー。
ちょっとしたところに掛けられます。
各3600円+税


こちらも小さめサイズがかわいいです。
3400円+税

ぜひ、ご来店いただき、ご覧くださいませ〜〜〜〜
お待ちしています!