春日記

「遊牧民の手仕事 カザフ刺繍展」1月11日(木)スタート

12月23日(土)で年内の営業を終えたBaharですが、
2018年は1月11日(木)からスタートします。

新春第1弾の企画展、とても濃いです。
廣田千恵子さんによる「遊牧民の手仕事 カザフ刺繍」の
展示です。
2018年1月11日(木)〜13日(土)、18日(木)〜20日(土)、
25日(木)〜28日(日)の13:00〜18:00です。

「草原の民の想いと願い カザフ刺繍」という記事を
毛糸だまの「世界手芸紀行」に執筆いただいた
廣田千恵子さん。

風の旅行社さんのサイトでは、廣田さんがどのように
カザフ刺繍との出会い、学んでいったか記事にされています。
とてもおもしろいので、ぜひ、お読みくださいませ。

変化する感覚を楽しむ -カザフかぎ針刺繍の実践からわかること-

廣田さんは文化人類学の研究者。
カザフ刺繍の魅力を伝えています。

ツアーのアテンドもされていて、もうすぐタイガ(シベリア)の
氷の大地をトナカイで走るツアーが始まります。

帰国されてすぐに、Baharにカザフ刺繍の展示&販売物が届きます。わくわく!
ワークショップをやってくださる、アイナグルさんの作品が
やってきますよ〜。

中央アジアの遊牧民の手仕事、たっぷり味わいに
いらしてくださいませ。
お待ちしています!!!

*すでにワークショップは全ての回で満席となっています。
ご了承くださいませ。

SOMMAR メキシコとペルーの手しごと展 10.5(木)スタート!

SOMMARの小夏さんが
メキシコとペルーの旅から持ち帰った、
手しごとものを展示販売いたします。


メキシコの職人さんが一つ一つ手作りする革靴や、
カバンの受注会も同時開催します。
ペルーのセーター、ストールは秋冬の装いにも大活躍。
旅する気分でいらしてくださいね。

昨年、大好評ですぐに完売したお子さま向け商品、
今年もこんなにかわいいのがそろっています。
お待ちしています!

「メキシコとペルーの手しごと展」
2017 /10.5(木) 〜 7(土)、12(木) 〜 14(土)、19(木) 〜 21(土)
open /13:00 〜 18:00

Bahar(バハール)
〒135-0023
東京都江東区平野1-9-7 fukadaso203
tel.03-3630-3670 http://bahar.bz
大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」A3出口より徒歩5分
地図はコチラにございます。

布博 Week 1「糸とボタンに恋をする週末」に出展します

7月21日(金)〜23日(日)に町田パリオにて開催される
布博 1週目「糸とボタンに恋をする週末」にBahar、出展いたします。

布博のページでBaharを紹介いただいています。

新作の刺しゅうの飾り布セット、登場です!

2種類あります。
食器棚に飾ったり、窓辺に飾ったり、
スカートの裾に縫いつけてもかわいいです♡ 
この飾り布が大好きで、ハンガリーで何枚も買いました。

こんなふうに。写真は以前、ハンガリーの蚤の市で購入したもの。
ワンピースの下にはいたりしています。

そして、ずっと作りたいと思っていた、
刺しゅうブラウスのキットも作りました!

黒地に白の刺しゅう、白地に青系の刺しゅうの2パターンです。

ブラウスは自作しました。
綿麻の生地を水通ししてから仕立てています。
家庭用のミシンで縫っているので、素朴な仕上がりです。
ご容赦を!ロックミシンがないので、袋縫い。
そして、襟ぐりは全て手でまつり縫い。
このハンドメイド感!布博で実物を展示しているので、
ご覧くださいませ。
暑い夏にも爽やかに着れる素材です。

刺しゅうは朝から晩までやれば、
早い人なら一日でできるかと思います。

この夏のお出かけにぜひ!

Baharのブースでは、リアル「世界手芸紀行」も展開します。
nukuiroさんによるインドのサリーリボン、カンタ、
さる屋さんによるメキシコの刺しゅうブラウスや刺しゅう糸、図案入りクロス、
Hymaさんによるラオスの手刺しゅうポーチにバッグ、
プティット・アフリケーヌさんによるアフリカンプリントのバッグにハギレセット、
ilo itooさんによる
グアテマラの刺しゅうワッペン、
SLOW ARTさんによるポーランドのヤノフ村の織物が並びますよ〜〜〜。

もりだくさんの展開です!

ぜひ、お立ち寄りくださいませ♡

夏の装い展 6.23(金)より開催

今週のBaharはお休みです。

来週6月23日(金)より「夏の装い
展」が始まります。

「夏の装い展」
6月23日(金)24日(土)、
6月30日(金)7月1日(土)、
7月7日(金)2日(土)
13:00〜19:00
*金土のみの営業です

暑い夏をさわやかに過ごすための、服やバッグがそろいます。

ilo itooさんから素敵な「コルテスカート」も届きます。

コルテというのは、マヤの民族衣装で、
巻きスカート用の布です。
村々で異なる多彩な配色や絣模様が特徴です。
このコルテの古布を使って、作られています。

中厚手で古布ならではのやわらかさと優しい肌触りをもち、
見方によって表情が異なる魅力的な織物です。

デニムのような少し厚手の平織生地に、
カラフルな手刺繍の模様を施したもの、絣の平織生地など
気持ちが豊かになるものばかり。

Aラインの女性らしいシルエットでフリーサイズなので年代問わず長く使っていただけます。
マタニティやワークウェアとしてなど様々なシーンで一年を通して着ていただけるアイテムです。

How to
1. 縫い合わせを前中心に合わせて持ちます。
2. 左右のどちらか一方を後ろに回します。
3. 回した方の紐を前に持って来たら、逆サイドの布を後ろに回します。
4. 左右の紐を前で結び整えたら完成。
自分の体形に合わせられるのでとっても楽ちんです。

古布を使っているので、それぞれ違います。

ぜひ、お試しください。

ロング丈サイズ(74cm)で、¥12,000+taxです。



「オアハカの刺繍ブラウスとかわいい小物たち」最終週スタート

かつてない規模で刺繍ブラウスをご用意してスタートした
「オアハカの刺繍ブラウスとかわいい小物たち」、
初日の開店直後から、とても多くのお客様にいらしていただき、大好評です!

追加のブラウスも第2週の初日に、
さる屋の櫻井陽子さんに持ってきていただきました。
当日朝6時半に成田に着き、そのままBaharにいらしてくださいました。
ありがとうございます!!!

このブラウスもまた大好評!

こんなに手刺繍がほどこされた服って、なかなかないです。
着ると、本当に気持ちがあがります。

で、最終週だから、もうないでしょ?と思われるかもしれないのですが、
まだまだかわいい刺繍ブラウス、ございます!

今回の一番人気のサン・アントニーノ村の刺繍ブラウスfinoは2枚ございます。

茶色地にゴールドの刺繍。
シックに見えますが、着てみるととても華やかです。
¥ 36,000+tax

このブラウスが優秀なのは、脇のマチです。
腕を上げても中が見えない。これ、けっこう重要ですよね。
そして、このマチがあるおかげで、
ブラウスの裾をスカートやパンツに入れても、
着崩れしません。腕をあげても、裾が上がらないんです!!!
このパターンに感激しました。
私、ギャザースカートを履くことが多いので、
ブラウスの裾をインするのですが、
裾が出てくるのがいやなんです。
それが全くありません!!!!すばらしいです。

黒にマルチカラーの刺繍もございます。
サンアントニーノの刺繍名人、マリアさんが刺繍しているのですが、
夜、黒地に刺繍するのは困難なのだそう。
だからそんなに作れないそうです。そんな苦労も見せない美しいブラウスです。
かぎ針編みも、全部マリアさんが手がけています。
刺繍だけでなく、編み物も!!!
本当に、この編み物の作業だけでも時間がかかると思います。
¥38,000+tax

大人気のエフートラのクロスステッチの刺繍ブラウスは
あと4枚ございます。半袖が3枚、七分袖が1枚。
こちらのブラウスも脇のマチが優秀な働きをします!
生地はマンタと呼ばれる生成りの綿です。
中にカットーソーやセーターを着てもかわいいです。
半袖¥9,500+tax 七分袖¥12,000+tax

そして、こちらも人気のトゥクステペックの刺繍ブラウス。
大胆な柄がモダンでかっこいいです。
生地がしんなりしているので、体に沿ってくれてきれいです。

黒やピンク、ほかにもいろんな色があります。
各¥13,000+tax
私は白地に黒の総刺繍ワンピースを購入したのですが、愛用しています。

トゥクステペックはこんなシンプルなタイプもございます。
日本と同じく、蒸し暑い地域で作られているブラウスなので、
ひんやりとした生地が使われていて、着ていて涼しいです。
いろんな色があります。ぜひお試しください。
¥5,500+tax

このトゥクステペックに雰囲気が似ているのが、アジャウトラの刺繍ブラウス。
こちらは一面の刺繍の仕方が、ちょっと見たことがないです。
まるで織物のようです。
長く渡した糸は等間隔でとめられ、コーチングステッチ???
裏と表と反転しているのです。
なので、地が厚く、しっかりしています。
そして柄には黒のアウトラインステッチが。
刺繍好きな方、これ、とても珍しいと思います。
資料としてもおもしろいです。ぜひ、間近でご覧いただきたいです。
櫻井さんもおっしゃっていましたが、
メキシコ国内で入手するのも難しいそうです。
確かにこの刺繍を見ると、効率がいい刺繍とは決していえないし、
たくさん作れるものじゃないな、と思います。
¥38,000+tax

アクリル糸で大胆に刺繍されている、サンバルトロメーキアラナの刺繍は華やか!
着てみると、これがけっこうしっくりくるんです。
ぜひ、お試しください。
¥14,000+tax

それでは、最終週、6月8日(木)〜10日(土)の3日間、
13:00〜19:00でお待ちしています。
10日(土)はさる屋の櫻井陽子さん、在廊です。17:00まで

場所:Bahar
江東区平野1-9-7 fukadaso 2F
tel:03-3630-3670

地図はこちらにございます。
http://fukadaso.com/access.html

大江戸線・半蔵門線の清澄白河駅のA3出口より
徒歩5分ほどです。
赤い旗が目印のトタンの建物、fukadasoの2Fです。

ページトップへ戻る